管理栄養士が本をシェアする理由

ブックレポート

今まで2冊の本を紹介してきました。

今回はこのブログを読んで欲しい人、ブログに込める想いを綴ります。いわばブログの自己紹介です。筆者の気持ちが少しでも伝わればうれしいです。

はじめまして。

まずは筆者の紹介から。

わたしは2019年に管理栄養士を取得。新卒でクリニックのチェーン展開・法人向けのサービスなどを展開するベンチャーに就職、小児科のクラークとして配属されました。半年後からは内科で栄養指導も行っています。当時、栄養指導は行われていなかったため、オペレーションの整備からはじめました。現在は社内唯一の管理栄養士として生活習慣病の患者さんを中心に栄養指導をしています。

なぜ管理栄養士がベンチャーに就職したのか

さて、栄養指導の仕事をはじめるならどうして最初から栄養指導ができる病院等に就職しなかったの?ときっと多くの方が思うでしょう。

なぜこのようになったか。

それは私も想定外の出来事でした。

内定をいただいた時、実は1人の管理栄養士さんがチェーン展開している3拠点で栄養指導を行っていました。その方と一度面談をした際「ここでは地域柄の違う人、幅広い年齢の患者さんたちと仕事ができるよ」という話があり、その魅力にひかれて就職を決めました(他にも理由はあったのですがこれが1番)。

しかし、いざ入ってみると配属はクラーク(受付業務)。その先輩は優秀がゆえに運営側に配属されており現在は栄養指導をあまりしていないとのことでした。さらに、当時栄養指導を行っていた唯一のクリニックが閉院。栄養指導の患者さんゼロ。話が違う・・・正直そう思いました。

とはいえ、挑戦しやすいのもベンチャーです。

どうしても栄養指導をやりたくて、医学的な必要性や継続の来院に繋がる将来性、私の給料も含めたコスト試算を上司に訴えました。そして、他スタッフの協力もあり内科での栄養指導が実現したのです。

不安と衝撃からブログが始まる

さあ、栄養指導がんばるぞ!と意気込むもつかの間。一つの不安が私を襲います。

「新卒の、教科書しか知らないわたしが、患者さんにしっかり教えられるのか・・・」

もはや近くで教えてくれる人は誰もいません。自分で勉強するしかなかったのです。

そこで、とにかく本を読み始めました。

そして気が付きました。教科書の内容では全く足りないこと。管理栄養士として知っておくべきこと、患者さんに伝えるべきことがたくさんあることに。

ほんとに、衝撃の連続でした。

知ってた?貧血の原因の1つに亜鉛不足があること。

知ってた? うつ病に栄養が関係していること。

知ってた?豆乳が身体に良くないこと。

知ってた?離乳食の初回に肉を与えるべきであること。

私は知らなかった!

分子栄養学(オーソモレキュラー)なんて聞いたこともなかった!

管理栄養士なのに!

勉強を始め、衝撃を受け続けるともに、同じ境遇の新人管理栄養士さんに私が勉強したことをシェアしたいと思うようになりました。

そして、このブログを書き始めたのです。

つまり、このブログは【新人栄養士が、新人栄養士に向けてシェアするブログ】です。特に予防医療に携わりたい人が知っておくべきことを伝えていく予定です。健康が続くための、管理栄養士としてみんなに知ってほしい栄養学をシェアしていきたいと考えています。(筆者の興味分野がそこなので・・・笑)

栄養学はわからないこともたくさんあって、本当に奥深い世界です!一緒に知識をシェアしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました